中枢カラダや細胞板などについて修練をしました

教育しました。各染色健康は縦に裂けて2つに分かれ、紡錘糸に引かれて両極に移動します。両極の染色健康は濃密がゆるみ、細くなります。染色体の濃密は再度ゆるみ、根源膜に包まれます。根源小体が現れます。細胞素材の抑制によって2つの細胞になります。健康細胞抑制では、とりわけ根源が2つに分ける核分裂が起こります。核分裂の過程は、根源や染色身構えにより、前期、中期、後期、終期に仕切ることができます。そして、終期には核分裂に引き続いて細胞素材抑制が起こり、細胞素材が2つに分かれます。抑制前の成分の細胞を婦人細胞と効く、新しくつくられた2個の細胞を子ども細胞といいます。健康細胞抑制の工程過程は、鳥獣細胞と植物細胞でほぼ共通していますが、植物細胞ではレギュラー健康がないので、星状健康が出現しない事項が鳥獣細胞と異なります。また、細胞素材抑制が鳥獣細胞では細胞膜が括れるように分裂するのに対し植物細胞では細胞板が現れて、しきられることによって抑制する。細胞板は以後、細胞バリアとなります。勉強になりました。アイフル 当日振込